インタビュー

【白髪も魅力の1つ!】40代フォトスタジオ経営者が教えるカッコいい髪型の秘訣!

更新日:

40代になって、奥様やお子様たちからの「お父さん、ダサい!」「もっとカッコよくなって!」という指摘で、自分自身に無頓着なってしまった事に気づかされる方も多いと思います。

そんな40代男性に「カッコよさ」を取り戻していただくために、カッコいい40代に “カッコよさの秘訣“ をインタビューするこの企画。

第一弾の丸谷 宏さんのインタビューも好評でしたが、今回はその第二弾。

奥様で人気フォトグラファー・保坂さほさんのマネージメントや写真スタジオの運営を行う株式会社H.officeの代表 保坂 浩太さんにお話を伺いました。

前回の丸谷さんのインタビューはこちら

【面長男性の髪型】40代ファッションデザイナー、ヘアスタイルの秘訣とは?

今回も興味深いお話をたくさんしていただいたので、思い当たる方は是非参考にしてみてください。

ヘアスタイルのこだわりとは

保坂さんのヘアスタイルといえば、ショートカットのイメージが強かったのですが、今回は少し長めなヘアスタイルになっていました。

ヘアスタイルのこだわりと共に、現在のヘアスタイルについても聞いてみました。

実はここまで伸ばしたのはかなり久々です。お任せしている美容師さんの提案で昨年末にカットしました。

もともと、ショートカットできっちり固めたスタイルが好きだったが、そろそろ髪型で気分を変えたいと思って美容師さんに相談した際に提案されたのが、この少し長めのツーブロックカットだったと言います。

長めにしたことで、髪に動きが出るようにパーマをかけて、それに合わせてスタイリング剤も今まで使っていたハードジェルから、動きが出やすい軽めのワックスへと変化したそうです。

髪型もファッションも、常に新鮮な気分でいたいという保坂さんは、ずっと同じスタイルを続けるというのが苦手らしく、その時々の気分で常に変化させているとのこと。

ただ、これ以上長いのは似合わないと思っているので、これ以上は伸ばさないと思います。

自分に似合うヘアスタイルの見つけ方は?

その時々の気分で色んな髪型に挑戦している保坂さんに、自分に似合うヘアスタイルの見つけ方についてアドバイスをもらいました。

自分の感覚やスタイルを共有できる美容師・理髪師を見つけるのが大切だと感じます。

自分のファッションや好み、スタイルといった感覚的なものが共有できる美容師さんをずっと探していて、8年前にぴったりの美容師さんに出会って以降はずっとその方にお願いしているとのこと。

自分の感覚やスタイルが共有できないと、美容師さんに理想やイメージが伝わりにくいし、結果的に納得できない髪型に仕上がってしまうため、カットしてもらう人との相性を重視していると教えてくれました。

相性が合う美容師さんを見つけるポイントは、自分好みの話題で会話が盛り上がるかどうかだそうです。
その人のカット技術が素晴らしいとか、人気の美容師さんであるというのは一切気にしないとのこと。

その理由は、保坂さん自身がヘアカットについては全くの素人なので、いくら「カット技術がすごい」とか「人気ある」と言われても全くわからないし、自分の好みのヘアスタイルにしてもらえなければ、それは決して相性が良いとは思えないからだそうです。

そうやって出会えた美容師さんなので、今はその美容師さんに相談しながら、常に新鮮な髪型にカットしてもらっているとの事。

ここでこぼれ話が一つ。

以前、この美容師さんに「サイドのボリュームダウンのためにツーブロックにしてみたらいかがでしょう?」と提案されたのですが、保坂さんは「自分には似合わないと思う。」と一度拒否したらしいです。
しかし、「やったことがなければ新鮮な気分になりますし、必ずお似合いになると思います。」と言われ、その提案に乗ってカットしてもらったところ、自分のスタイルにバッチリ合うヘアスタイルになった上に、新鮮な気分になれたとの事。

美容師さんとの相性が重要だと再認識したお話を教えてくれました。

それ以降は、その美容師さんの提案を素直に聞くようになったそうです。

現在のヘアカットはどのようにオーダしましたか?

相性が良い美容師さんがカットした今回のヘアスタイルについて、どのようにオーダーしたのかも伺ってみました。

『浅めのツーブロックしにして、サイドのボリュームを抑え気味にしてください。あとはお任せで。』


もともと髪のボリュームが多いので、髪を伸ばすとサイドのボリュームが出るので、それをスッキリさせるために浅めの「ツーブロック」にしてほしいこと以外は、お任せだった教えてくれました。


今回に限らず、普段からカットの目的を伝えて、あとはお任せの場合が多いとの事。

好みの感覚やスタイルが共有できる美容師さんだからこそ、信頼してお任せ出来るし、安心して新たな髪型の提案も受け入れられるので、多くを説明しなくても大丈夫だそうです。

愛用のヘアスタイリンググッズは?

現在のヘアスタイルを作るためのスタイリンググッズについても教えてもらいました。

信頼している美容師さんに紹介されたヘアワックスを2種類愛用しています。その時々で2種類のワックスを使い分けてます。

以前は、ホールド力が強いジェルを愛用していたらしいのですが、現在はヘアスタイルの変化とともに、美容師さんに紹介された2種類のヘアワックスを愛用しているとの事。

一つは、ナチュラルな仕上がりのもので、もう一つはきっちりと仕上がるもの。

ヒトヨニ ピュアワックス6 & ピュアワックス11

TPOに合わせて、カチッとした場ではホールド力が強めのきっちりタイプのピュアワックス11を、カジュアルな場ではナチュラルな仕上がりになるピュアワックス6をと、2つを使い分けていてそうです。

この日のヘアセットの方法については、

今の髪型は、タオルドライ後にピュアワックス6を全体的に馴染ませてセットが完了です。

パーマの動きを活かしてナチュラルな雰囲気でセットしたかったので、クシやブラシは使わず、手ぐしで髪の流れを整えてピュアワックス6を馴染ませただけで完了だそうです。

そういえば、保坂さんとの会話の中で、クシやブラシの話がここまで一切出てなかったので、その辺りも聞いてみました。

実は、クシやブラシは持ってません。最後に使ったのがいつなのか記憶にないです。(笑)


保坂さんが言うには、手ぐして整えられるのでクシやブラシの必要性を全く感じたことが無いとの事。

こだわり派な印象だったので、クシやブラシもかなりこだわった一品が出てくるかと思ってただけに、この意見は意外でした。

簡単にオシャレに見えるファッションのポイントは?

以前は、高級靴のセレクトショップでショップマネージャーやプレスを担当されていた保坂さん。

カジュアルでありながら、大人っぽさを残したそのファッションにも定評があるので、簡単にオシャレに見えるファッションのポイントについても伺ってみました。

40代である自分のありのままを受け入れて、変に若作りをせず、きちんと服を着こなしたらそれだけでカッコよく見えます。


加齢によって、体型が崩れたり、白髪や薄毛といった頭髪の悩みが出てきたりと、一見マイナスな要素が増えてはきますが、捉え方によっては、それが歳を重ねた渋さとなるのではないかと保坂さんは教えてくれました。

若い人には出せない大人の魅力。
それを存分に活かすには、年齢に争うのではなく、上手く付き合う事の方が懸命なのではないかとの事。

そのためには、清潔感があってサイズが合った服をきちんと着こなす。

若ぶって茶髪にして、ブカブカでサイズが合わないシワだらけのシャツに、手入れがされず汚い靴を履いているようでは、決してオシャレには見えません

まずは、自分のありのままを受け入れ、着る服のサイズに気をつけて、清潔感のある格好を心がける
それが、カッコいい40代になるためのポイントだと保坂さんは言います。

そして、このように付け加えて言っていました。

この世に生まれてきた以上、周りがどう思おうと自分自身がカッコいいと思えるように歳を重ねたいんですよね。

カッコいいと思えることには常にアンテナを張って、面白いと思えば色々と試したいし、挑戦していきたいとの事。

年齢を重ねても自分に対しての無頓着にならなければ、きっと周りも認めるカッコいい大人になれるんだと思うと教えてくれました。

普段から愛用しているアイテムはありますか?

カッコいい大人の男性として、保坂さんが普段から愛用しているアイテムは気になりますよね。
そこで、保坂さんが愛用してるお気に入りの品々を伺いました。

歳を重ねて、モノトーンなアイテムを身につけるようになってきました。


THE BUG IN THE RUGのインディアンラグベスト

インタビュー当日にも着用されていたこちらのベスト。
お仕事で関西に行った際に、滋賀県にあるセレクトショップで購入したとの事。

インディアンラグベストというと、赤や水色といった派手なものが多い中、これはモノトーンで今の気分にも合っていて気に入ってます。


若い頃からラグベストが好きだったらしいのですが、最近は色が派手で全く着ていなかったそうです。
そんななか、Instagramでフォローしていた滋賀県のセレクトショップに伺った際にこちらを見つけて、すぐに気に入って思わず購入以降、かなりの頻度で愛用しているとの事でした。

CWC ミリタリーウォッチ&シルバー×黒のバングル

最近はシルバーと黒の組み合わせのアクセサリーが気に入って集めているという保坂さん。

実はミリタリーアイテムをファッションに取り入れるが好きなんです。

CWCのミリタリーウォッチはイギリス軍で実際に使用されているモデルで、シンプルな文字盤とシルバー×黒の組み合わせが気に入ってずっと愛用しているとの事。

主張しすぎないデザインで、保坂さんにはお似合いです。

また、手首周りが寂しくなりがちなので、アクセサリーとしてバングルをつけていることが多いとのことですが、最近は、シルバー×黒のものを集めて着用しているとの事でした。

旅先で訪れた街で、色んなお店を見て周るのが趣味だという保坂さん。

お仕事で、日本国内はもちろん海外へも行く機会が多いため、旅先で訪れたお店でお買い物をすることも多く、その経験が旅の思い出になるらしいです。

カッコいい大人は、人生を豊かにする楽しみ方を知っているんですね!

カッコいい大人になるために

今回は40代の折り返し地点である45歳の保坂さんから、カッコいい40代になるためのポイントをたくさん聞かせていただくことが出来ました。

いつも自然体で、柔らかい雰囲気の中にカッコ良さを併せ持った保坂さん。
そのカッコよさの秘訣がずっと気になっていたので、今回は色んなお話が聞けて良い機会となりました。

そんな保坂さんが教えてくれたカッコいい大人になれるポイントは、決して無理をしない事だと学ばせていただきました。
今回保坂さんから聞いたカッコいい大人へのワンポイントアドバイスはこちら。

  1. 年齢を重ねた現在の自分を受け入れて、若い人には真似できない渋さを前面に押し出してみよう!
  2. 自分に似合うヘアスタイル探しは、自分のスタイルや好みが共有できる美容師・理髪師探しから!
  3. カッコ良い大人ファッションで大切なのは清潔感とサイズ選び!無理な若作りは逆効果!

無理に若づくりをするのではなく、今の自分を受け入れて年齢をプラスに変える事で、若い人には出来ない大人のカッコ良さが身につくものだと感じました。

ぜひこれらのアドバイスを活かしてカッコいい40代になりましょう!

 

プロフィール

保坂 浩太(ほさか こうた)


株式会社H.office 代表取締役

1973年11月16日生まれ
大学卒業後、靴の小売店やセレクトショップでのショップマネージャーやプレス業務を担当後に独立。
現在は奥様で人気フォトグラファー・保坂さほさんのマネージメントやフォトスタジオの運営、カフェ経営など行うの株式会社H.officeの代表として、国内外で活動中。
最近は、店舗の内装業務なども開始。

Instagramアカウント kota_hosaka

株式会社H.office Web site

お知らせ!

4/30 23:59まで!

詳細はこちらをクリック!

 
   
            
  • この記事を書いた人
  • 最新記事
田崎 ジュン

田崎 ジュン

株式会社フロアスタンダード メディア事業部所属。 クルマと自転車を愛するエロオヤジ。 休日はひたすら子供と遊ぶことを生きがいにする家族思いな九州男児。 音楽好きな息子のために、40代半ばにしてギターを習得しようと画策中。

-インタビュー

Copyright© YOU TOKYO OFFICIAL BLOG , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.