髪の基礎知識

【頭皮の悲鳴】トリートメントを流し忘れるとハゲる? つけすぎ、洗い残しが髪によくない理由。

更新日:

こんにちは、Aikaです。
皆さんは「トリートメントを流し忘れてしまった!」という経験はありますか?
実はこの洗い流し、何度も繰り返してしまうと大変なことになってしまう危険性があるのです…。

今回は「やりすぎ」「つけすぎ」「流し忘れ」などトリートメントにまつわる情報をお伝えします!

トリートメントの流し忘れを繰り返してしまった場合

トリートメントの流し忘れは一度ぐらいであれば、特に悪影響はないようなので安心して下さい。

でも何度も何度も繰り返してしまった場合

  • 
くせ毛悪化

  • 薄毛や抜け毛

  • 頭皮ニキビ発生

  • ハリやコシがなくなる

などが発生するリスクが生じます。

こんなところから抜け毛やハゲを引き起こしてしまったらなんか虚しいですよね...。

トリートメントは髪の毛に良いものですが、つけすぎ、やりすぎ、流し忘れを繰り返すとデメリットばかりとなってしまうので注意しましょう。

トリートメントが頭皮に残るとヤバい理由

「え、トリートメントって髪に良い成分が入ってるんだよね」

「髪に良いってことは頭皮にも効果あるんじゃない?」

それは危険な勘違い…。アナタの頭皮は既にトリートメントまみれで苦しんでいるかもしれません。

何故、髪質改善に役立つトリートメントが逆に髪にダメージを与えてしまうのでしょうか。

それは「髪」によくても「頭皮」には負担になってしまうから。

トリートメントには髪の表面をコーティングし、サラサラにしてくれるシリコンや油分が入っています。

これらは髪にはプラスに働くのですが、基本的に頭皮につけることは想定されていません。

直接塗るのは論外。トリートメントのやりすぎ、つけすぎにより髪から頭皮に行き渡ってしまうと大変です。

それらのトリートメントに含まれる油分やシリコンがそのまま頭皮の毛穴に詰まってしまいます。

毛穴にシリコンや油分が詰まってしまうと、

  • 頭皮ニキビ、フケが出来やすくなる
  • 不快な臭いが出やすくなる
  • 雑菌が繁殖する
  • 頭皮が炎症を起こしてしまう
  • 髪の毛がきちんと生えなくなってしまう
  • 頭皮、髪の毛に栄養が行かなくなる
  • くせ毛が悪化してしまう

などの悪影響が出てしまいます。

頭皮のコンディションが酷くならないよう、トリートメントのやりすぎ、つけすぎ、流し忘れには十分注意しましょう。

繰り返しになりますが、基本的にトリートメントは頭皮にはつけるものではありません。

頭皮に塗っても毛穴を詰まらせるだけでも何も良くなりません

髪に優しいトリートメントの使用法

「トリートメントは何も考えず手軽に髪の毛につけるだけでいい」と思ってる人もいるかもしれません。

頭皮が油分とシリコンだらけにならないよう、ここで安心な正しい使用法を見ていきましょう。

基本的に「やりすぎ」「つけすぎ」はNGです。

  • 1回あたりの使用量

メーカーが推奨している量を使うようにしましょう。

一回あたりの使用量を増やしたからといって、その分効果が上がるものではありません。

量を増やせば増やすほど、髪ではなく頭皮にトリートメントが吸収されてしまいます。

多く使ってしまうのが心配だった場合、少し出して、少しずつ足しても大丈夫です。

  • 浸透時間

これはトリートメントを髪の毛に塗ってから放置する時間ですね。

こちらもメーカーごとに推奨している放置時間を遵守しましょう。

浸透時間についても「増やせば増やしただけ効果が上がる」ものではありません。

浸透時間が長ければそれだけトリートメントが頭皮に行き渡ってしまいます。

  • トリートメントの頻度

トリートメントに記載がある場合があります。「毎日使えるもの」から「週に2,3回」など頻度は商品により様々。

浸透時間をめちゃめちゃ長くしたり、トリートメントの頻度・回数を増やしたからといって効果が上がるというわけじゃないんですね。

トリートメントを購入したら上の3点について商品の裏に記載があるか、なかったら公式サイトなどを確認して正しい使用法を調べてから使用しましょう。

トリートメントの効果アップ方法

そんなトリートメントを正しく使用し、更に効果アップさせる方法があります!

トリートメントを浸透させている間に、頭に蒸しタオルを巻くのがとてもオススメ!

ヘアパックと同じような状況になり、まるでヘアサロンのような仕上がりになります。

その理由は水分と熱でキューティクルが開くから。

髪の出入り口であるキューティクルが開くことで、トリートメントが髪内部に浸透しやすくなるのです。

また、トリートメントに含まれている油分は温度が上がるとトロンとしてきて、水っぽくなります。

これにより一層、浸透力が上がるんですね。

蒸しタオルも、タオルを濡らしてちゃんと絞って、電子レンジでチンするだけで作れるので超カンタン!

薄めのフェイスタオルをジップロックに入れて、500wで1分ほど温めると出来上がり!

気軽にできて最高の方法なので、ヘアサロンのような効果を自宅で出したい方は是非やってみてください!

髪に優しいトリートメントの選び方

トリートメントをきちんと使ってるのに髪質が全然良くならない!とそんなお悩みの方はいらっしゃいませんか?

もしかしたらそれはトリートメントの選び方を間違えてしまったかも。

一般的には「保湿効果」「保湿成分」などと一括りにされがちですが、トリートメント成分・役割を大きく分けると3種類。

  • 髪の毛の補修
  • 油分補給
  • 水分補給

これら3つをバランスよく髪に浸透させることで、髪質がサラサラでツヤツヤな髪の毛になるんですね。

例えば最近話題「◯◯油配合」「天然由来」などとうたわれた、あるトリートメントでも成分をじっくり見てみると「油分補給」成分に偏っていたりします…。

確かに油分がたくさん使われていると表面が油でツヤツヤになり、髪質が改善されたような気分を味わえますが、「髪内部は全く変わっていなかった」ということも。

くせ毛を抑えたり、剛毛を柔らかくしたり、髪質を改善するには髪内部への「水分補給」と「補修」が大切です。

  • 水分補給成分:加水分解コラーゲン、ヒアルロン酸、はちみつ
  • 補修成分たんぱく質,アミノ酸系成分

これらがしっかり配合されているか、欠かさずチェックしてみてくださいね。

トリートメントは洗い流すものと流すものがあるけど...

一般的に「トリートメント」というと、お風呂でコンディショナーの後に使用し、洗い流すものを指します。

お風呂に出た後に使う洗い流さないタイプのトリートメント(アウトバストリートメント)もあるので、「どちらを使用したらいいの?」と悩む人も多いと思います。

少しでも悩んだら、両方使ってみることをオススメします!

特にダメージが気になる方や、くせ毛改善などをしたい方は両方使うのがベストですね。

洗い流さないトリートメント(アウトバストリートメント )は、洗い流すトリートメントと併用出来るので使ってみることをオススメします。

また洗い流さないトリートメントも種類がたくさんあって選ぶのが大変ですよね。

「トリートメントをオイル系にしたから、洗い流さないトリートメントはさっぱりとしたスプレー系にしよう」

「トリートメントをミルク系にしたけど、洗い流さないトリートメントでもっと保湿したいからこっちもミルク系!」

ひとまずはそんな感じの選び方でも大丈夫です。

トリートメントつけ過ぎの対処法

「うわー、自分絶対トリートメントつけすぎていた」

そんな人も諦めないで下さい! しっかりクレンジングすることでシリコンや油分をリフレッシュしましょう!

頭皮改善となる"頭皮クレンジング"のやり方をご紹介します!

  1. 髪をブラッシングする
  2. クレンジングオイルで頭皮をマッサージする
  3. 普段通りシャンプーをする
  4. 頭皮を保湿する

こちらのやり方でやっていきます。

男性は「え?クレンジングオイルって化粧を落とすあの?」と思われる方が多いと思います。

頭皮の毛穴に溜まったトリートメントの汚れは油分汚れに該当します。

クレンジングオイルはそういった油分を落とす効果もあるので、あの化粧に使うクレンジングオイルが使えるんですね。

ただ、薬局には頭皮用のクレンジングオイルが売っているので、そちらを使ってくださいね!(笑)

もう本当にすぐに洗いたいけどない!なんて時は彼女のクレンジングオイルをこっそり使いましょう.....

また、頭皮の保湿ってどうやってやるの?と言うところですが、もちろんまたトリートメントを使ってしまったら絶対アウトですよね!!

頭皮にトリートメントは絶対NGなのでつけちゃダメですよ。

頭皮の保湿には椿オイルや馬油、ホホバオイルなどが効果的です。

こちらも薬局などに売っていますので、気軽に入手できる商品です。

この頭皮クレンジングで一度頭皮の汚れをリセットして綺麗にしてあげましょう!

トリートメントを洗い流すのを忘れてしまったら

もしトリートメントを洗い流すのを忘れてしまったら、焦らず気づいた時点で洗い流しましょう。

洗い流してなかったのを思い出したのが翌日だったり、外に出た後だったりしてどうしても洗い流せなかった場合は、

帰宅した時や洗い流せる時に頭皮クレンジングも一緒に行いましょう。

何より大事なのは、トリートメントを洗い流さなかったことで頭皮の環境は最悪になっていますが、それを長時間続けないこと。

できるだけ早く早く改善に努めていきましょう。

そしてこの機会に、洗い流さないトリートメントなどのヘアケア商品を購入できるともっと髪の毛も喜びますね!

まとめ

トリートメントを洗い流すのを忘れてしまった場合の対処法、如何でしたでしょうか?

私もたまーにうっかり洗い流すの忘れた!と髪の毛を触って気づいたりすることがあるので、なかなか「絶対やらないようにする」のは難しいんですよね...!

ただ寝てしまってから気づいたパターンや、もっと後から気づいてしまった場合髪の毛がギシギシして最悪ですよね。

今回は洗い流すのを忘れてしまった後処理も紹介したので、是非試してみてくださいね。

お知らせ!

4/30 23:59まで!

詳細はこちらをクリック!

 
   
            
  • この記事を書いた人
  • 最新記事
Aika

Aika

ライター 音楽と映画、ファッションが好きな24歳。 音楽は主にロックやパンク、映画はコテコテのアクション映画が好き。 ファッションは主にヴィヴィアンウエストウッドのファンで、将来の夢は”ブランド品を値段気にせず買いまくること。twitterwebサイト

-髪の基礎知識

Copyright© YOU TOKYO OFFICIAL BLOG , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.