髪の基礎知識

【粘着】ヘアワックスがシャンプーで落ちない!→2度洗い、洗浄力をあげるよりもこれ!

更新日:

毎朝の身だしなみとして欠かせない髪のスタイリング。ヘアワックスを使ってセットしたけど、肝心のワックスが落ちない…!キープ力があって長時間もつけど、髪についたままで気持ち悪い…。

何度洗っても違和感がある…!なんて経験のある方も多いのではないでしょうか?

今回は、ヘアワックスが落ちない時の原因と対策法、具体的なシャンプーの仕方についてご紹介していきたいと思います。

せっかくセットしたのに、ワックスの落とし方が分からない…なんて事のないように、ヘアワックスを使ってセットする方は是非参考にしてくださいね~!!

ヘアワックスが落ちなくて辛い


ヘアワックスが落ちないことで、起こる辛いこととはどのような事があるのか詳しくみていきたいと思います。いつもスタイリングにヘアワックスをお使いの方、少しでも以下に挙げる症状に当てはまる場合は注意してください。これから、ヘアワックスを使おうかなと思っている方、実際に使っている方も参考にしてみてくださいね。ワックスが落ちないことで髪に与える影響は思ったより大きいです、酷くなる前に確認しておきましょう。

一度洗っただけでは落ちない!

ヘアワックスを落とすために、シャンプーを洗い流しても一度では落ちない…。なんだかべとべとした違和感があり、二度も三度も洗い直しなんて方も少なくありません。ワックスを洗い流すだけで相当時間もかかり、とても面倒です。

泡立ちが悪い!

シャンプーをしても、ヘアワックスが髪にからみ泡立ちが悪いなんてことも、しょっちゅう…。シャンプーを沢山つけても意味がなく、水の量を調節してもだめ…。

洗った後に違和感がある!

シャンプーで綺麗に洗い流したはずなのに、ゴワゴワしたり指触りに違和感がある…。一部髪の毛先が固まっていたり、洗い上がりのクシ通りが悪いといったことがあります。

かゆみ・フケ

気づいたら頭全体に痒みがある、フケのようなものまでチラホラ…なんてことも。。酷い方は、ワックスを一度つけただけで湿疹がおきたり炎症を起こすこともあります。この場合は、肌や髪に合っていないのですぐに使用を中止してくださいね。

髪に元気がなくなる

しっかり洗い流してケアしているはずなのに、髪に元気がない…ツヤがなく、なんだかぺたっとしてしまう、スタイリングが決まらないなんてことも。朝セットしたのに、昼にはボリュームがなくなり触った感じも違和感が…

薄毛・抜け毛

ワックスを使い始めてから、髪が抜けてボリュームがなくなってきた…なんて方もいます。毎日、セットしていたらある日抜け毛が気になり始めたという方もいます。

ワックスを落とさないと起きる『悪いこと』

ヘアワックスをしっかりと落とさないことが起きる悪い事とは、どのようなことがあるのか?詳しく見ていきたいと思います。毎朝のスタイリングに欠かせないヘアワックス、帰宅してから落とすのが面倒で適当に洗っていたら大変なことに…!

実際にワックスを落とさなかったことが原因で起こってしまった「悪い事」を挙げてみたいと思います。疲れてしまいシャンプーに時間をかけるのが面倒、キレイに洗い落とすなんて手間だな…と思っている方も多いのですが、時間が経つにつれて髪に与える影響はとても大きなものです。この機会にしっかりと確認しておくと安心ですね。

ここでは髪の見た目や環境等目に見える形で起こることだけでなく、頭皮の内側で起こる問題について、髪の内側と外側からの両面から合わせてみていきたいと思います。

見た目や環境に起こる悪いこと(髪の外側

それでは、まず髪の外側で起こる「悪いこと」について、いくつかみていきましょう。一つでも当てはまる方は、洗い流し方を見直す必要があります。まずは、どんな悪いことがあるのか確認してみてください。

1、髪がべたべたしてホコリが付着する

ヘアワックスを落とさないで寝てしまったり、シャンプーで洗い流しても綺麗にとれずそのままになってしまうと、髪全体がべたつきホコリが付着することがあります。特にヘアワックスは、そのままにしておくと硬くなってしまうので、シャンプーだけではなかなか綺麗に落とせないのです。

ホコリがついてしまうと、見た目も悪いですし何より清潔感がありません。ヘアスタイルを整えることは、身だしなみの一つでもあるので気を付けたいところです。特に男性の場合、髪全体が短いので毛先に少しでもワックスが残っていると固まってしまうので目立ちやすいです。

2、ベッドのシーツや枕に細菌やダニが発生!

ワックスを綺麗に落とさないで寝てしまうと、枕やシーツが不衛生な状態になってしまいます。ワックスをつけた髪なら、なおさらです。私達の髪の毛には、日中にかいた汗や分泌された皮脂やホコリといった汚れがついています。もし髪を綺麗に洗わずに寝てしまうと、それらが全て付着してしまいます。

寝具に潜む細菌やダニは、細かすぎて目には見えないのですがこうした皮脂や汚れをエサとして繁殖するため、ダニや細菌が発生する原因となります。寝具が不衛生な状態だと、頭皮に臭いがしたり、抜け毛や薄毛の原因にもつながります。

3、頭皮にワックスが付着!

基本的にヘアワックスは、頭皮につかないように毛先だけにつけるのが鉄則です。ワックスを落とさずに寝てしまうと、枕によって髪が押し付けられてしまうので、髪に残っていたワックスが頭皮に付着して不衛生な状態になってしまいます。また寝返りによって、枕と密着する部分も変わるため、髪の毛のあちこちにワックスがつくという状態が起こります。

酷い場合には、毛穴が詰まり健康な髪が生えてこないので薄毛や抜け毛の原因になることもあります。

頭皮の内側で起こる悪いこと(髪の内側

ヘアワックスを綺麗に落とさずにそのままにしてしまうと、私達の髪の内側では大変なことが起こります。目に見えて分かるべたつきや、フケならすぐに気づく方が多いのですが頭皮の問題となると、気づきにくく悪化してから気づく方も多いです。ここでは、髪の内側ではどんな悪いことがあるのか詳しくみていきたいと思います。

頭皮の炎症&かゆみ

まずは、頭皮の炎症やかゆみが起こることがあります。

普段私達が使っている市販のヘアワックスは、主にセットポリマーと呼ばれる樹脂や固形油分、液状油分からなっています。このため、長時間そのままにしておくと油分が酸化してしまいます。酸化した油分は、雑菌の繁殖を招きやすく頭皮の炎症を起こしたりかゆみの原因となります。

なんだか頭がかゆいな…、と思ったらそれは、炎症を起こしている証拠です。

頭皮の状態が悪化する

頭皮の状態が悪化したり不衛生になると、健康な髪が育たなくなり「抜け毛」の原因になります。髪をとかしただけで、髪が大量に抜けたり、酷い場合には頭皮全体が赤くなることもあります。このような症状が出たら、すぐに使用を辞めるようにしてください。

ヘアワックスが落ちない『理由』

何度シャンプーをしても綺麗に落ちない、ワックスが残ってしまうのはなぜ…?綺麗に落としたいのにヘアワックスが落ちない…!その理由は、ワックスの主成分が『油分』でできているからです。

それでは、油分でできたヘアワックスが落ちにくい理由について詳しくみていきましょう~!

1、ワックスは『水』に溶けにくい!

ヘアワックスの主な成分は、ミツロウやカルナバロウ・キャンデリウロウなどの油分からできています。このため、常温ではやわらかく、髪につけてセットした後は固まるという特性があります。

朝セットして、夕方帰宅する頃には固まっているというのはこの油分特有の性質なのです。こうした理由から、水で洗い流しただけでは綺麗に落ちなかったり、洗い残しが出てしまうのです。

2、素洗いを怠っているから

次にヘアワックスが落ちない理由として、お湯での素洗いを怠っていることが挙げられます。ヘアワックスは温めることで、髪の毛から落ちやすくなります。シャンプーをする前にしっかりと、ワックスをお湯で素洗いすることが大切です。

素洗いをすることでワックスが柔らかくなり、一回のシャンプーでしっかり洗い流すことができます。ポイントは、シャンプー前に髪の毛全体にお湯をいきわたらせることです。

ワックスがついた髪全体に、お湯がかかるようにしっかりと素洗いしてみてください。このひと手間を怠っていると、どうしても綺麗にワックスは落ちません。メンズの場合、特に毛先にワックスを集中してつけることが多いので、お湯で洗い流す時は髪全体にかけるのはもちろん、毛先をよくほぐしてあげることが大切です。

3、ヘアワックスの使用量が多すぎる

最後に、ヘアワックスを付ける量が多すぎるのかもしれません。どうしてもヘアスタイルにボリュームを持たせようと、ワックスをつけすぎている可能性があります。

特にメンズの場合、前髪を立たせたりトップにボリュームをもたせるために、ワックスを使いすぎている方が多いです。髪の毛を持ち上げようとワックスをたくさんつけるのですが、重力に負けて髪の毛は下がってきてしまいます。これを防ぐためにどうしてもヘアワックスの量が増えてしまう、ワックスの量が増えると髪全体が重たくなり逆効果です。

髪が重たくなってしまうので、持続効果も下がり、つけたワックスを洗い流す時間もかかります

一度、一回につかうワックスの量は適量か?確認してみるといいですね。パッケージの裏に書いてある適量を参考にしてみてください。

シャンプー前にコンディショナーを!

ヘアワックスが落ちない時は、シャンプー前のコンディショナーが効果的です。

え…?コンディショナーってシャンプーの後にするものじゃないの?と驚かれた方も多いかもしれません。

そうなんです、本来はコンディショナーはシャンプーで汚れを落とした綺麗な髪に使うものです。髪をコーティングしてケアするためのコンディショナー。今回は、そんな普段私達が使っているコンディショナーとヘアワックスの関係、シャンプー前に使う理由についてご紹介していきたいと思います。

ちなみにコンディショナーの他にもリンスやトリートメントがありますが、今回はこの三つの中でも特に油分が多く含まれる『コンディショナー』について詳しくみていきます!

コンディショナーの成分・働き

まずは、コンディショナーの成分や働きについてみていきます。コンディショナーの主な働きは、『髪の静電気防止』と『柔軟性向上』です。ただ最近では、シャンプーの質が発売当初よりもかなり向上しているため、このコンディショナーを使わないといった方も多いです。

ヘアワックスが落ちなくて困っている方、何とかしたい方はこの機会に是非、コンディショナーの役割について確認しておきましょう。

コンディショナーの主な成分・役割は、

  • 界面活性剤・・・柔軟性や静電気防止効果をもたらす、水と油を均一に混じり合わせる乳化作用がある
  • 油性脂質成分・・・髪の仕上がりを調整
  • コンディショニング成分・・・髪の表面に作用し、ツヤやくし通りをよくする

このような三つがあります。

特に、海面活性剤に含まれる水分と油分を均一に混じり合わせる乳化作用は、髪の保護には欠かせない重要な役割を果たしています。

ただし、界面活性剤には汚れを落とす洗浄成分も含まれています。正しい使い方をしないと、毛髪内部のたんぱく質が流れてしまったり、髪のキューティクルが剥がれ髪全体を傷つけることがあるので、必ず適量を守り使いましょう。

シャンプー前のコンディショナーが効果的な理由

ヘアワックスが落ちない時は、シャンプーをする前にコンディショナーを使うと落ちやすくなります。その理由は、ワックスの油分をコンディショナーに含まれる油分で分解し乳化させる仕組みを利用することで、ワックスが落ちやすくなるためです。

ワックスの主な成分が油分であることは、上記で確認しましたね。油分は水には溶けません。油分を綺麗に落とすには、お湯を使ったり、コンディショナーに含まれる油分を使って分解させることで落とす必要があります。ここでは、具体的な方法についてみていきます。

  1. お湯(38度くらい)で十分に髪を濡らす
  2. コンディショナーを髪に優しくなじませる。*ワックス部分は丁寧に揉みこむ
  3. お湯ですすいでコンディショナーを落とす
  4. シャンプーをする

まずは、この流れで一度試してみましょう。もしこの手順で落としても綺麗に落ちない…という場合には、髪を濡らす前に軽くブラッシングしてみましょう。

また毛先が固まってどうしょうもないという場合には、濡らしたタオルにコンディショナーをたっぷり含ませて固まってしまった髪を揉みこむようにしてしばらく放置してみましょう。コンディショナーが固まったワックスを乳化させ、ほぐしてくれます。

また毛先がどうしてもパサついたり、乾燥が気になる方はシャンプーの後に毛先だけトリートメントをつけてコーティングしましょう。そうすることで痛んだ髪を内側からケアし、保護してくれます。

具体的なシャンプーの仕方!

それでは、ヘアワックスが落ちない時の具体的なシャンプーの仕方についてみていきましょう。ヘアワックスをより効果的に落とすためには、シャンプーのやり方、選び方についてポイントを抑えておく必要があります

もしかしたら、ワックスが落ちないからといって二度も三度も洗い直しをしていたり、ワックスを落とすことだけを考えて頭皮の状態を全く気にしていない…という場合もあるからです。

ワックスを落とすだけでなく、健康な髪が生えてくる頭皮の状態やシャンプーの選び方にも注意しましょう。

『二度洗い』をする時の注意点!

ヘアワックスが落ちないなら、さっぱりするまで二度洗いすればいいのでは…?ヘアワックスが落ちなくて悩んでいる方は、何回も洗った経験があるという方も多いでしょう。

確かに綺麗になるまでシャンプーをすれば、さっぱりとして気持ちが良いですよね。ワックスのべたつきもなくなり、髪の毛全体もさっぱりとします。

でもここで注意しておきたいのが、汚れを落とすということと同時に頭皮に必要な皮脂までとってしまっている可能性があるという点です。ここで改めてシャンプーをする目的をおさらいしておきましょう。

シャンプーの目的

  • 髪に付着した空気中の汚れやタバコの煙などの汚れをとる
  • 皮脂や汗といった頭皮の汚れをとる

といった二つの目的があります。ただどうしてもワックスがついて綺麗に落ちない場合や一回のシャンプーでは泡立ちにくいといった場合には、二度洗いが必要な場合もあります。

ただし、頭皮の状態が悪くフケやかゆみがある場合には二度洗いは避けた方が良いです。あまり洗いすぎると、今度は頭皮に必要な皮脂まで洗い流してしまうため、乾燥の原因になるからです。ワックスが綺麗に落ちないからといって、二度洗い・三度洗いをしていると、摩擦によって髪のキューティクルが剥がれ、パサついて乾燥を招き髪が傷む原因にもなるからです。

どうしても二度洗いをする場合は、髪の状態だけでなく頭皮の状態にも気を配り注意しながらシャンプーをするようにしましょう。

洗浄力の高いシャンプーを使う場合は要注意!

またヘアワックスが綺麗に落ちないからといって、洗浄力の高いシャンプーを使う場合も注意が必要です。二度洗いや三度洗いをする場合と同じで、洗浄力が高いために汚れだけでなく、必要な頭皮の皮脂まで洗い流してしまう恐れがあるからです。

確かに洗浄力の強いシャンプーを使えば、一度のシャンプーで綺麗さっぱり汚れを落とすことができます。ただし、髪質や皮脂の分泌量、一日にどのくらい汗をかくか?といった個人差があるので、あまり使いすぎると髪だけでなく頭皮まで傷つけてしまうことがあるからです。

ワックス専用のシャンプーは洗浄力が非常に高い!~デメリットとは~

普通のシャンプーでワックスが落ちないなら、ワックス専用のシャンプーを使えば髪も傷まなくて済むのでは…?と思う方も多いでしょう。

確かにワックス専用のシャンプーなら、洗浄力も高く綺麗に落とすだけでなく洗い上がりもさっぱりして爽快です。ただし、洗浄力の高いシャンプーにはデメリットがあります。洗い上がりやワックスのべたつき感をどうにかしたい!それだけで、シャンプーを選んでしまうと大変なことになります。

ここでは、洗浄力の高いシャンプーを使うとどんなデメリットがあるのかみていきたいと思います。

1、髪へのダメージが大きい

まずは、髪へのダメージが非常に大きいといった点が挙げられます。洗浄力が強いということは、髪や頭皮への刺激もその分強くなります。そのため、シャンプーをすることで摩擦がおき、髪のキューティクルが剥がれやすくなります。そうなると、髪全体が広がりやすくパサついて、まとまりにくくなります。

ワックスでなんとかスタイリングしようとしても、広がってまとまらない、ごわごわとした髪になってしまいます。

2、カラーやパーマがかかりにくくなる

またカラーをしている方は、髪が傷んでいるので染めても色が抜けやすく綺麗に染まりません。同じようにパーマをしている方も、髪全体が傷んでいるのでかかりにくいといったデメリットがあります。

男性なら、ふんわりとしたボリュームのあるオシャレなスタイルを楽しみたいと思ってパーマをかける方も多いのですが、洗浄力の高いシャンプーを使っているとパーマがかかりにくく、思ったようなヘアスタイルにすることが難しくなります。

3、様々な頭皮トラブルの原因になる

洗浄力が強いので、頭皮を傷つけてしまいフケやかゆみの原因になることもあります。なんだか最近かゆみが止まらない、フケが気になる…という方は、この機会にシャンプーを見直してみるといいですね。

4、頭皮から必要な皮脂まで洗いさってしまう

また刺激が強いので、頭皮から必要な皮脂まで洗いさってしまうことがあります。そうなると、頭皮は乾燥を防ぐために皮脂を分泌するのですが、皮脂の分泌が正常に行われなくなると、べたつきの原因になることもあります。毛穴が詰まり健康な髪が生えてこなくなる原因にもなります。

5、薄毛や抜け毛の原因になる

洗浄力の強いシャンプーで洗い続けることにより、頭皮が弱り健康な髪が生えてこなくなり薄毛や抜け毛の原因にも繋がります。

 

<刺激の強いシャンプーの見分け方>

ちなみに刺激の強いシャンプーを見分けるためには、シャンプーのパッケージに記載されている成分表に

  • ラウレス硫酸NA~
  • ラウリル~
  • 硫酸~

と書かれている成分が一つでも含まれていれば、それは洗浄力が高いシャンプー(刺激の強いシャンプー)になるので、注意してくださいね。

頭皮の状態にも気を付けて!

シャンプーを選ぶ時は、ヘアワックスの落としやすさだけにこだわって選ぶのではなく、頭皮の状態にも気を付けて選ぶようにしましょう。

先ほど紹介したシャンプーの成分に注意して選ぶことが大切です。また界面活性剤のように、洗浄成分が含まれているシャンプーは、洗いすぎると汚れだけでなく髪の潤いには欠かせないアミノ酸を洗い落としてしまったり、乾燥の原因や頭皮トラブルといった様々な問題の原因になります。

高級アルコールシャンプーのように、値段もお手頃で洗浄力が高く、頭皮のべたつきが気になる方にはおすすめのシャンプーもありますが、頭皮ケアもしっかりできるシャンプーを選びたい方には

人気のアミノ酸系シャンプー「YOU TOKYO」がおすすめです!!↓↓↓↓

是非、チェックしてみてくださいね~!

まとめ

ヘアワックスが落ちない時は、二度も三度もシャンプーをするのではなく、刺激の少ないアミノ酸系シャンプーを使ってみましょう!

迷った時は、シャンプーの選び方やコンディショナーの使い方を参考にして、髪や頭皮になるべく刺激を与えないように落とす工夫をしてみましょう。

 

お知らせ!

3/31 23:59まで!

詳細はこちらをクリック!

 
   
            
  • この記事を書いた人
  • 最新記事
天パ神・高松

天パ神・高松

株式会社フロアスタンダード代表取締役。毛髪診断士の資格を2019年に取得。 青春時代にくせ毛を通り越したチリ毛だった為に、ついたあだ名は「スチールウール」。 部屋に陰毛が落ちていた事で、昔付き合っていた彼女に浮気を疑われた過去がある。 違う、それは高松の髪の毛だ。 ⇒YOUTOKYOの裏事情とかつぶやくよ!高松のツイッターはこちら

-髪の基礎知識

Copyright© YOU TOKYO OFFICIAL BLOG , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.