髪の基礎知識

【粘着】ヘアワックスがシャンプーで落ちない!→2度洗い、洗浄力をあげるよりもこれ!

更新日:

何度髪を洗っても違和感がある…!

なんて経験のある方、案外多いのではないでしょうか?

もしかしたら、その原因はワックスかもしれません。

ワックスはキープ力があって長時間もつ

だけど、その反面落ちにくい…。

今回は、

  • ヘアワックスが落ちない時の原因と対策法!
  • シャンプーの選び方!
  • どうしてもワックスが落ちにくい時の裏技!

などなどについてご紹介!

ワックスつけたいけどハゲるのが怖くて…

なんて思われている方は、是非参考にしてくださいね~!!

ワックスが落ちていないばかりに…

ワックスつけたまま寝るとはげる!

とか言われたりしますよね。

ヘアワックスを落とさないどんなことがあるの?

まずはその辺りから解説をしていきたいと思います!

 

シャンプーの泡立ちが悪くてこんなトラブルが…

ワックスをつけた頭を洗おうとすると

シャンプーの泡立ちが悪い!

なんてことになりがちです。

そもそもなんでワックスをつけると泡立ちが悪くなるの?

まずヘアワックスは油分が原料

そして水と油は混ざりにくい

落とすのが大変なのは当たり前といったら当たり前の話。

で、そんなワックスを落とそうと髪を洗った時

一度洗っただけでは落ちない!

と、感じてしまってやりがちなのことが

  • シャンプーを沢山つける
  • 二度、三度と洗う

なんてことではないでしょうか。

何回も洗うのってダメなの?

基本的にやめた方がいいです。

と、いうのもなんども洗ってしまう頭皮に本来必要な皮脂まで落としてしまうことに繋がるから。

関連記事

なるべく一度のシャンプーでワックスは落とし切れるようにするのがオススメです!

※具体的なやり方はあとでちゃんと解説しますね!

で、シャンプーでうまく落としきれなくて蓄積するとどうなるの?

露骨に頭皮にトラブルが出ることもあります。例えば…、

 

フケ、かゆみ、薄毛の原因になることもある

なんかフケが出てきたんだけど…。ついでに頭皮もかゆい…。

なんて症状がもし出ていたらワックスの洗い残しを疑ってみてもいいかもしれません。

と、いうのもワックスを洗い残してしまっていると、毛根に入ってしまうことも。

それが原因で頭皮に湿疹や炎症が発生。

ワックスが毛根に入ってしまうとなぜそんなことに?

普段私達が使っている市販のヘアワックス主な成分は以下のもの。

  • セットポリマーと呼ばれる樹脂
  • 固形油分
  • 液状油分

油分は長時間放置しておくと酸化してしまいます。

酸化した油分は、雑菌の繁殖を招きやすい

これが頭皮の炎症、かゆみの原因となることもあるんですよ。

 

炎症とか痒みだけで済むの?

さらに毛穴が詰まっていることは健康な髪の毛が生えてくることの弊害にも!

極端な話かもしれませんが、毛穴が詰まっていることが原因でくせ毛になってしまう人もいたりするんですよ。

関連記事

健康な毛が育たないことはくせ毛はもちろん、薄毛につながる可能性も十分考えられます

もし、

頭皮がかゆい…

と感じたら要注意!

洗い方はもちろん、頭皮にワックスをつけてしまっていないか?

そのあたりにも注意をしてくださいね!

 

じゃあワックスはどうつければいいの?

根元ギリギリからつけるのがいいと個人的に考えています。

根元ぎりぎりがオススメなんだっ!?

そのあたりのお話を美容師さんに伺ったことがあります

気になる方はこちらの記事をチェックしてくださいね!

 

ほーん。で、もしつけっぱなしで寝たりしたらどうなるの?

負のループが生まれる可能性がありますね。

どんなものかというと…、

ワックスのせいで枕、シーツに細菌やダニが発生!

ワックスを綺麗に落とさないで寝てしまうと、当然枕やシーツが不衛生な状態になってしまいます。

ワックスをつけた髪なら、なおさら!

私達の髪の毛には、

  • 日中にかいた汗
  • 分泌された皮脂
  • ホコリ

などなどの汚れがついています。

もし髪を綺麗に洗わずに寝てしまうと、それらが全て枕に付着

寝具に潜む細菌やダニは、こうした皮脂や汚れをエサとして繁殖します。

結果として髪をワックスを落とさないで寝ることは、ダニや細菌が発生する原因となります。

ダニや細菌は、頭皮トラブルの元!

えっ…!ワックスが付いた頭で普通に寝ていたんだけど…。

なんて方は枕を干したり洗ったりするのがオススメです!

 

てか、そもそもなんでワックスってこんなに落ちにくいのよ?

次はそのあたりを少し解説してきます!

 

ヘアワックスが落ちない『理由』

1、素洗いを怠っているから

ヘアワックスが落ちない理由として、お湯での素洗いを怠っていることが挙げられます。

シャンプーをする前にしっかりと、ワックスをお湯で素洗いすることが大切です。

why?

ヘアワックスは温めることで、髪の毛から落ちやすくなります。

素洗いをすることでワックスが柔らかくなり、一回のシャンプーでしっかり洗い流しやすくなります

このひと手間が大事。

めんどくさい…

と、思わずにやってみてくださいね!

関連記事

 

2、ヘアワックスの使用量が多すぎる

髪をがっちり固めたいからワックスもたっぷりだ!

と、いう感じでスタイリングしていると洗うのも大変になります

ワックスをつける量を一度見直してみるといいかもしれません。

そうは言っても…。ボリューム出したいし…。

と、思われた方もいるかもしれません。

ワックスはたくさんつければいい!

というものでもないです。

例えば髪の毛をふわっとさせたい時。

ワックスをたくさんつけると、重さで逆に髪がペッチャンコになってしまいます。

もちろん髪の長さ、ヘアスタイルによってつける量は変わってきますが、

つかうワックスの量は適量か?

ここを改めて確認してみるのがオススメです!

関連記事

 

どっちも気をつけているけどダメなんだ…

という方。

ワックスを落としやすくなる裏技をお伝えします!

 

シャンプー前にコンディショナーを!

ヘアワックスが落ちない時は、シャンプー前のコンディショナーが効果的です。

え…?コンディショナーってシャンプーの後にするものじゃないの?

と驚かれた方も多いかもしれません。

本来コンディショナーはシャンプーで汚れを落とした綺麗な髪に使うものです。

でも実はワックスを落とす作用もあります!

ここでは

  • コンディショナーとヘアワックスの関係
  • シャンプー前に使う理由

これらについてご紹介していきたいと思います!

リンスとかトリートメントじゃダメなの?

もちろんOKです!

ただ今回はこの三つの中でも特に油分が多く含まれる『コンディショナー』について詳しくみていきます!

 

コンディショナーでワックスが落ちる仕組み!

コンディショナーってそもそもどんなもの?

コンディショナーの主な働きは、『髪の静電気防止』と『柔軟性向上』です。

この効果は以下の成分の働きによるものです!

ココがポイント

  • 界面活性剤・・・柔軟性や静電気防止効果をもたらす、水と油を均一に混じり合わせる乳化作用がある
  • 油性脂質成分・・・髪の仕上がりを調整
  • コンディショニング成分・・・髪の表面に作用し、ツヤやくし通りをよくする
で、どの成分がどうなってワックスを落としてくれるの?

界面活性剤がいい仕事をしてくれます!

界面活性剤には水分と油分を均一に混じり合わせる乳化作用があります。

繰り返しになってしまいますがワックスは油分

そのままでは水に溶けません

ですがコンディショナーを使えばワックスの油分が分解

分解されてしまえば水で落としやすくなります

 

ほーん。で、どうやるの?

具体的なやり方は下記のものです!

ココがポイント

  1. お湯(38度くらい)で十分に髪を濡らす
  2. コンディショナーを髪に優しくなじませる。*ワックス部分は丁寧に揉みこむ
  3. お湯ですすいでコンディショナーを落とす
  4. シャンプーをする

まずは、この流れで一度試してみましょう。

 

この手順で落としても綺麗に落ちない…

という場合には、髪を濡らす前に軽くブラッシングするのもオススメ!

また

毛先が固まってどうしょうもない…

という場合には、

  • 濡らしたタオルにコンディショナーをたっぷり含ませる。
  • 固まってしまった髪をに揉みこむようにする。
  • しばらく放置!

こんな手順でやるのもオススメです。

コンディショナーが固まったワックスを乳化させ、ほぐしてくれます。

 

で、シャンプーはどんなものを選べばいいの?

次はそのあたりを解説していきます!

ワックスを落とすシャンプーの選び方!

ワックスをしっかり落とすために

洗浄力が最強のシャンプーを使おう!

と、思ってしまうかもしれません。

が、それはNGだと考えています。

なんで洗浄力が高いシャンプーはオススメできないの?

代表的なものを解説していきます!

洗浄力が高いシャンプーのデメリット!髪へのダメージ!

まず洗浄力が高いシャンプーは

髪へのダメージが非常に大きい!

いった点が挙げられます。

洗浄力が強いシャンプー髪のキューティクルへダメージを与える恐れがあります!

キューティクルがダメージを受けるとどうなるの?

そうなると、髪全体が広がりやすくパサついて、まとまりにくくなります。

ワックスでスタイリングしようとしても、広がってまとまらない、ごわごわとした髪になってしまうことだってあります。

髪にダメージがあるなら当然頭皮にも…

洗浄力が高いシャンプーのデメリット!頭皮トラブルの元にも!

洗浄力が強いシャンプーは頭皮から必要な皮脂まで落としてしまう恐れがあります。

必要な皮脂が落ちてしまうと下記のようなことが起こり得ます。

  • 頭皮が乾燥!
  • フケやかゆみの原因になることも。
  • 皮脂の分泌が正常に行われなくなる。
  • 正常に皮脂が分泌されずにオイリーになることも。
えっ…!?該当している…。

という方はシャンプーを見直してみるのもいいかもしれません。

じゃあどんなシャンプーが刺激が弱くてオススメなのよ?

それはですね…、

刺激の強いシャンプー、弱いシャンプーの見分け方

刺激の強いシャンプーってどうやってみわけるの?

シャンプーのパッケージに記載されている成分表に

  • ラウレス硫酸NA~
  • ラウリル~
  • 硫酸~

と書かれている成分が含まれていれば、それは洗浄力が高いシャンプー(刺激の強いシャンプー)なので、要注意!

これは高級アルコールシャンプーなんて呼ばれているものです。

高級アルコールシャンプーはメリットってないの?

値段は安いのがいいところです。

で、逆低刺激なのってどんなの?

アミノ酸系のシャンプーです!

ヘアワックスの落としやすさだけじゃなく、頭皮の状態にも気を付けたいのならオススメできます!

なんで?そのあたり詳しくっ!

アミノ酸系シャンプーはもちろん低刺激。

ものによってはそれなりに洗浄力もあるし、髪の補修効果、保湿も期待ができたりします。

詳しいことはこちらの記事に書いておきました!

是非、チェックしてみてくださいね!

 

お知らせ!

 
   
            
  • この記事を書いた人
  • 最新記事
天パ神・高松

天パ神・高松

株式会社フロアスタンダード代表取締役。毛髪診断士の資格を2019年に取得。 青春時代にくせ毛を通り越したチリ毛だった為に、ついたあだ名は「スチールウール」。 部屋に陰毛が落ちていた事で、昔付き合っていた彼女に浮気を疑われた過去がある。 違う、それは高松の髪の毛だ。 ⇒YOUTOKYOの裏事情とかつぶやくよ!高松のツイッターはこちら

-髪の基礎知識

Copyright© YOU TOKYO OFFICIAL BLOG , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.