髪の基礎知識

UV怖い!頭皮が日焼けした時のケアは必要?紫外線で髪がチリチリになっていたら要注意!

更新日:

こんにちは、Aikaです!

ついに4月! 暖かい日が増えてきましたね〜。

日差しが日々強くなっていますが、紫外線対策はキチンとしてますか?

「まだまだ4月だから、紫外線防止への対策なんかいらないよね~」と油断しちゃダメ!

春からケアをしないと、紫外線でハゲる可能性があるんです!

もしかしたら既に紫外線のせいで、抜け毛が進んでいるかも!?

頭皮も肌。もちろん日焼けします。

紫外線でダメージを受けるのは頭皮も他の肌と一緒です。

他の肌と違って、自分の目で見ることが出来ないので気づくことが難しいのですが、知らぬ間に日焼けしているのです。

もちろん紫外線を浴びれば浴びただけ、ダメージが溜まってしまいます。

体の中で一番太陽に近いので、他の肌よりも紫外線をたくさん浴びてしまっているかもしれません。

  • 頭皮がヒリヒリする
  • 頭皮が痛い
  • 外出後、頭皮が乾燥してる感じがする、カサカサする
  • 頭皮が赤い
  • 頭皮がかゆい
  • 抜け毛が増えた気がする
  • フケが増えたかも

などの異変が気になってきたら、その原因はもしかして日焼けかも

特に頭皮が赤いというのは、よくある頭皮のトラブルです。

外出が多かったり、日向を歩くことが多かったら要注意!

また、髪の毛ももちろん日焼けします。

  • 髪の毛が茶色くなっている
  • アホ毛、切れ毛、枝毛が目立つ
  • 髪の毛が乾燥していてパサパサしている
  • 髪の毛が外側に広がってしまっている

頭皮だけでなく、髪の毛も同時に紫外線のダメージを受け、どんどん傷んでいきます。

日焼けにより髪の毛が傷むと、髪の乾燥が進んだり、ツヤ感がなくなったりとデメリットばかり!

ダメージが進行すると、くせ毛・天パもどんどん悪化していきます!

少しでも心当たりがあるなら、今日から頭皮のUV対策を始めましょう!

危険!日焼けによる髪・頭皮のダメージ

UVによる髪の毛や頭皮がダメージは計り知れません。

日焼けによるダメージが進行すると、様々な症状が頭皮に現れてしまいます。

  • 頭皮の炎症(赤い)
  • 傷やかさぶた
  • 頭皮のたるみ
  • 頭皮の皮むけ
  • 頭皮の乾燥、それによる痒み
  • フケ、かゆみの増加
  • 頭皮の色素沈着
  • 髪の毛への栄養の減少
  • 乾燥による髪の毛のくせ毛進行
  • 切れ毛、アホ毛、枝毛の増加
  • 抜け毛

などなど様々なデメリットに繋がります。

また、「黄色い塊」が出てきた…といったケースもあるようです。

身体も日焼けをすると、皮が剥けたり赤くなったり、痒くなったりしますよね。

頭皮や髪の毛は身体中の皮膚より薄くて敏感、身体よりも日焼けによる肌トラブルが悪化しやすいです!

デリケートな肌になっているので、普段よりももっと気にした方が良い箇所なんですね。

また、髪の毛もUVでダメージを受けます!

髪の毛は真っ黒なので、変化が見えづらいのですが、とてもデリケートです。

私は中学生の時、髪の毛が日焼けして大変でした…(涙)

部活で外に出っ放しだったので、切れ毛やアホ毛、枝毛がどんどん増えてしまいました。

それだけでなく色素が薄くなって茶色くなり、いつもキシキシ傷んでました...。

その時は髪の毛ばかり気にしていましたが、今思うと絶対頭皮の環境も最悪だったと思います。

抜け毛がなかっただけまだマシだったのかもしれません。

なかなか見えないところなので気づかず過ごしてた自分がとても恐ろしいです...。

頭皮・髪のケア方法(日焼け後のケア)

頭皮と髪の毛の日焼けケアってあんまり巷で話題になりませんよね。

日焼けしてしまった場合、頭皮と髪の毛にどんなケアをしたらいいのでしょうか?

たくさん紫外線を浴びてしまっても、その後のケアを適切に行えば、ダメージは最小限で抑えられると思います。

様々な頭皮トラブルを防止するためにも、きちんと日焼けケアを行いましょう!

日焼けケアで大切なのはこの2つ。

  • 冷やす
  • 保湿(化粧水、頭皮用ローションなど)

冷やしたり、保湿をしたりと通常の日焼けと同じ対処法でも大丈夫です。

過度な日焼けをしてしまった後は、保湿は2時間に1回くらいのペースでやってもいいくらいです。

  • シャンプーを変える

UVダメージを受けたばかりの頭皮は皮脂の量が通常時よりも少なくなっています。

ここで気を付けなければいけないのは、少なくなった皮脂をさらにシャンプーで落とし過ぎてしまうこと。

皮脂の足りなくなった頭皮は様々なトラブルの火種となります。

シャンプーは低刺激のもの、敏感肌用のものをチョイスしましょう。

シャワーもいつもよりぬるめのお湯で流します。

また、シャンプー剤をそのままつけるのではなく、ネットなどで泡立ててからつけるとより刺激が少なくなりふんわり洗うことができます。

かなりヒリヒリしていたり、炎症を起こしそうな場合はシャンプー剤を使わない方が良い場合があります。

特に「頭皮が痛い」「ヒリヒリする」時は、無理にシャンプー剤を使わず湯シャンで軽く汚れを流しましょう。

頭皮環境が落ち着くまでの数日間は、湯シャンでしのぐことも選択肢の一つです。

  • トリートメントをしっかりする
  • コンディショナーの後にトリートメントをするのもオススメ。

    しかしこちらは頭皮につけるものではないので、髪の毛のみのケア方法になります。

    また、必要以上に多く使ってしまったりすると頭皮についてしまい、頭皮に悪影響になるので気をつけましょう。

  • 整髪料の使用を控える

  •  
    UVダメージを受けた頭皮は火傷した状態に等しいです。

    少しでも頭皮への刺激を減らすよう、整髪料の使用は控えて方がいいでしょう。

    整髪料は頭皮の毛穴を詰まらせるリスクがあるからです。

    また整髪料を落とすためにシャンプーを長め、多めにすることも頭皮への負担を増やしてしまいます。

    「整髪料が毛穴に詰まる」

    「シャンプーをゴシゴシして、皮脂がますます減る」

    こんなことを繰り返していたら、抜け毛の進行に繋がりかねません。

    抜け毛を防止したいなら、整髪料の使い方についても見直しましょう。

    • 【最後の手段】日焼け後は日向に出ない

    それでも日焼けを繰り返してしまったら、いくらケアしてもダメージが進行してしまいます。

    ハードに日焼けしてしまったら、直射日光をなるべく避けましょう。

    要注意!紫外線ダメージは真夏だけではない!

    真夏に比べると、春先の日差しは弱く感じますよね。

    実は、ちょうど3月〜4月に紫外線は増え始めるんです!

    「天気が良いので日光浴したいな〜」と外出が増えてきた人は要注意!

    春は過ごしやすい気温なのでキャンプやお花見なども人気ですが、そこで気づかないうちに日焼けしてしまうんですね。

    お肌よりも頭皮や髪の毛は敏感なので、春の日焼けでもダメージが強いのです。

    また気温が低い時期ももちろん紫外線は放出され続けています。冬の日差しも油断出来ません。

    頭皮と髪の毛の日焼け対策、UVケアは季節を問わず常意識した方が良いということですね。

    日焼け・紫外線ダメージから頭皮と髪を守る方法

    頭皮と髪の毛を日焼けから守るにはどうすればいいのでしょうか。

    頭皮と髪の毛を日差しから守る方法は実はたくさんあるんです!

    • 頭皮用の日焼け止めスプレー、ヘアミスト

    最近では頭皮や髪の毛用の日焼け止めスプレー、ヘアミストなどが販売されています!

    寝癖直しミストでも「UVカット配合」「日焼け止め成分配合」といった商品も目にしますね!

    これなら出かける前にシュシュっとかけたり、出先で日差しが強いな〜と思ったらかけるだけでいいのでとても便利です!

    携帯用の商品もあるので、色々探すと楽しくなりますね!

    • 帽子をかぶる

    一番手っ取り早いUV対策はやはり帽子ですね!

    ただ春や夏はずっと被ってると暑かったりもするので、そういった季節には他の対策方法がストレスフリーかもしれないですね。

    • 保湿をする

    ケア方法にも書きましたが、やはり日頃から頭皮と髪の毛を保湿しておくのも良いです。

    日焼けは乾燥していると悪化しやすいので、日々保湿はしっかりしておきましょう!

    手っ取り早く用意できるのは化粧水。頭皮にさっと塗るだけでOK。

    頭皮用の保湿商品もあるので、顔用を使うのがちょっと嫌な人は頭皮用をオススメします!

    頭皮と髪の毛の日焼け対策でのNG行為

    頭皮と髪の毛の日焼け対策で良かれと思ってやっていても、実はNG行為というものもあります!

    • 頭皮と髪の毛に日焼け止めを塗る

    ボディ用の日焼け止めを塗るのはNG!

    頭皮の毛穴に詰まってしまうので、毛穴が詰まって抜け毛やハゲ、くせ毛悪化などを引き起こします。

    • 水をかける

    乾燥した頭皮に水をかけても改善されません。

    長時間水に浸かっているとどんどん乾燥していってしまうので、むしろ逆効果になってしまいます...!

    これらはなんとなく良さそうですがNG行為なのでやらないでくださいね!

    日頃から出来る対策はシャンプー

    保湿もそうですが、もっと日頃から頭皮と髪の毛を労りたい...と言う人はやはり低刺激シャンプーがオススメ。

    日頃から刺激が強い、洗浄力の高いシャンプーを使ってしまっていると頭皮が荒れやすいので日焼けした時に皮が剥けやすいです。

    洗浄力の高いシャンプーは乾燥もしやすく水分が奪われがちなので、更に日焼けもしやすくなってしまい悪循環に。

    なので敏感肌用や、低刺激のアミノ酸シャンプーを使用しておくのをオススメします。

    お使いのシャンプーや購入したいシャンプーがアミノ酸かどうかの見分け方は、後ろに書いてある成分表です。

    その成分表の上位にアミノ酸系の成分が入っていたらそれはアミノ酸シャンプー!

    逆に酸性系の成分が入っていたら、真逆の洗浄力の高い酸性シャンプーなので注意してくださいね!

    まとめ

    「頭皮の日焼けは盲点だった」

    そんな人も少なくないと思います。

    体の中でいちばん太陽に近い部分なのに、自分で見ることが出来ないので、ついおそろかになってしまいますよね。

    「敏感肌でパーマやカラーをすると頭皮がヒリヒリする...!」という人は、一層注意が必要です。

    気づかないうちにパーマやカラーをする以上に頭皮がダメージを受けていたりするんですよ...!

    抜け毛が進行し、過度な切れ毛やちょっと力を入れて髪の毛を触るだけで髪の毛が抜けたり、切れてしまうなんてケースもあるようです。

    是非みなさん頭皮と髪の毛のUVケアをして綺麗な頭皮と髪の毛を保ってください!

    お知らせ!

     
       
                
    • この記事を書いた人
    • 最新記事
    Aika

    Aika

    ライター 音楽と映画、ファッションが好きな24歳。 音楽は主にロックやパンク、映画はコテコテのアクション映画が好き。 ファッションは主にヴィヴィアンウエストウッドのファンで、将来の夢は”ブランド品を値段気にせず買いまくること。twitterwebサイト

    -髪の基礎知識

    Copyright© YOU TOKYO OFFICIAL BLOG , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.