ヘアケアアイテム

【最強の艶】ポマードとグリースの違い、使い分けは?両方使ってみたら…。

更新日:

こんにちは、Aikaです。

皆さんはポマードとかグリースと言う言葉を聞いたことはありますでしょうか?

なんとなーくアレかな、と思っている皆さん、聞いたことあるけど何か全く分からない!と言う方、全く聞いたことがない方の為に今回はポマードとグリースについて調べてきました!

ポマードとグリースって同じなんじゃないの?と思ってる方も多いと思うので、是非みなさん一度お読みください...!

ポマードとグリースは一体何の名前なの?

ポマードとグリースは、髪の毛のヘアスタイリング剤の一種です。

ワックスやジェル、スプレーなどと同じ分類の名前になりますね。

ポマードとグリースに関しては見た目がよく似ていて中身もほとんど同じように見えますが、厳密に言うと美容学的には若干の違いがあるみたいです。

ただ一般的には"ほとんど同じもの"と考えて大丈夫のようですね。

しかしその中でも若干の違いがありますので今回はそこを掘り下げてご紹介致します...!

ポマードとは

これらの整髪料には油と水溶性の2種類があり、あとは形状や粘度、また販売元の名称などでそれぞれ読み方が変わってくるそう。

ポマードは、液状のひまし油と木蝋を混ぜて固めて作っている整髪料だそうです。

また、昔は林檎を原料として作っていたようで、ラテン語でリンゴを意味する"ポムム"と言う言葉が、ポマードの語源という説もあるみたいです!

ポムムで作るからポマードだったんですね。林檎を原料として作った整髪料と言われても今じゃ想像がつかないですね...。

今は水溶性のポマードが主流らしく、皆さんがもしポマードを使われていたらほとんどが水溶性だそうです。

また水溶性のポマードは油性ポマードよりもグリースにとても似ているらしく、このことから"ポマードはグリースと同じ"と言われることが多いそうです。

水溶性だと成分的にもほとんど同じになるそうで、販売メーカーがポマードかグリースのどちらかに判断することにより名称が変わってしまうそうです。

油性ポマードの使い方

油性ポマードは水溶性ポマードとグリースより若干水に強く、落ちにくい性質があります。

水溶性ポマードとグリースよりセット力があり、マットな仕上がりになります。

ツヤを出さずにマットな仕上がりのヘアセットにしたい方は油性ポマードがオススメ!

更にこちらは油性で水に強いので、海などに行かれるサーファーの方などもオススメの整髪料です!

水溶性ポマードの使い方はグリースに似ているのでグリースと一緒にご紹介します!

グリースとは

中身的には油性ポマードよりも粘りやノビが良いものがグリースと呼ばれます。

ただ外見や入れ物などはポマードと全く一緒なので、"ポマードと同じもの"と認識している人が多いんですね。

ポマードは液状のひまし油と木蝋を混ぜて固めて作っているものとご紹介しましたが、グリースは人工的に作られた整髪料になります。

グリースは映画"GREASE(グリース)"の主演であるジョン・トラボルタの特徴的なリーゼントヘアーを作るのに使う人が増えたので"グリース"と名付けられたとか。

更に当時、そのジョン・トラボルタに憧れてリーゼントヘアーにしていた不良たちは"グリーサー"なんて呼ばれていたみたいです...!!

ただ両方水溶性になるので、水には弱いのでプールや海などはご注意ください!

水溶性ポマードとグリースの使い方

水溶性ポマードやグリースは、水溶性なのでツヤっぽさが出ます。

また中身は油性ポマードより透明感がありジェルっぽいものが多いです。その為油性ポマードより取りやすく塗布しやすいものになります。

どちらかと言うと流行りっぽい整髪料で、セットのイメージ的には束感が出るようなオールバックの固まり方になります。

ワックスには出せない自然な髪質での固まり方、ワックスには出せないツヤが出るのでワックスとは全然違ったヘアセットになります!

オールバックをする際に艶っぽく固めたい場合は水溶性ポマードとグリースがオススメ。

ポマードとグリースのここがオススメ!

やはりセット力やホールド力が良い!とされているのはジェルやスプレーになりますが、コーティングした後髪の毛がガチガチになってしまったりしますよね。

更にスプレーなどは特に、スプレーした後に粉っぽくなってしまうと言う声も多いですよね...。

それに比べてポマードやグリースは自然な髪質を保ち髪型をスタイリングするものになります。

ガチガチにならないので粉っぽくなることがなく、髪の毛が崩れる時もナチュラルに崩れるのでガチガチに固めた時のように、走ったら髪の毛数本だけはねちゃった!なんてこともありません。

また塗布後でも簡単にスタイリングしなおせる、というメリットもあります。

なので日中髪の毛が乱れてきたな、と思ったらブラシで少し整えるだけでまた綺麗なオールバックがキープ出来るんですね!

ポマードとグリースの質感が好きだけど、日中髪の毛を直す暇がない...なんて時はポマードとグリースを塗布した後にスプレーをかけてもOKです。

後は、ポマードとグリースは基本的にオールバック系のヘアセットに向いた整髪料です。

例えばスプレーでガチガチに固めてオールバックをしようとしても、上手く固めないと日中に髪の毛が落ちてきてしまったり、横にはねてしまうなんてことも。

オールバックに向いた整髪料なので、ツーブロックでオールバックをしたり、基本的なオールバックをする時にはポマードとグリースを使っておくと安心です!

一見難しそうな髪型もポマードとグリースを使うことでみんな上手くスタイリングしているんですね。

ポマードとグリースのメリット

じゃあ実際自分はポマードとグリースどっちがいいんだろう?と言う方に今までの情報を踏まえて選び方をご紹介!

油性ポマードがオススメの方は...

  • マットなヘアセットをしたい
  • 髪の毛はガチガチにしたくないけどセット力、キープ力も捨てられない
  • 海やプールなど、水が髪の毛につく可能性がある
  • とにかく落ちにくいものがいい

方は油性ポマードがオススメです!

やはり油性なので油性の特徴が前面に出ていますね〜。

水溶性ポマード、グリースがオススメの方は...

  • 艶っぽいヘアセットをしたい
  • とりあえず自然な髪質にしてスタイリングしたい
  • 油っぽいスタイリング剤は好まない
  • 水が髪の毛につく心配はない

こんな方は水溶性ポマードorグリースがオススメです!

水溶性もしっかり水溶性の特徴が出ています!比較的扱いやすいのはこちらになりますね。

また、ポマードとグリースの中でも種類はめちゃめちゃ豊富です!

今回は油性ポマードと水溶性ポマード、グリースと3種類に分けましたが、用途や質感などで比較すると10種類程にも分けられます!

更にポマードとグリースでオススメの点がもう一つ、匂いがとってもいいです。

ポマードは先ほど林檎が原料だった、と書きましたがそれに由来しているのか、ポマードもグリースもいい匂いの商品がとても多いです。

今はワックスでもいい匂いの商品が多いですが、ポマードとグリースだからと言って匂いが微妙!なんてことはないのでご心配要りません!

選び方の注意

どうしても整髪剤は髪の毛に合わない場合があります。

買ってみて「自分の髪の毛には合わないスタイリング剤だった〜」なんてことを避ける為には、購入前に店員さんや行きつけの美容師さんに相談してみることをオススメします。

美容室によっては店頭にポマードやグリースを置いている美容室もあるので、そう言う場合は美容師さんのオススメをそのまま購入できるので良いかと思います!

また、購入時はきちんと「油性」か「水溶性」かどうかは絶対に確認すること!

油性か水溶性かによって用途やスタイリングが全く変わってしまうので、小さな文字で書いてあることが多いですが必ず確認して購入しましょう!

スタイリング剤で裏の成分表を確認する人は少ないかと思いますが、ヘアスタイリングの悩みをなくすには必ず確認した方が良い情報になります...!

この裏の成分により頭皮の炎症やアレルギーを起こす場合もあるので、頭皮の荒れや赤みなどがある方は今お使いのスタイリング剤の成分もしっかり確認しておきましょう!

ポマードとグリースはとても似ていますが...

ポマードとグリースは一見とても似ていて成分表の文字だけが違うように思えますが、中身を知ると意外に用途がバラバラなんですね。

"ポマードとグリースは同じだよ"と言われても分からない程外見が似ているのでとてもややこしいですが、上記のように若干の違いがあります。

特に油性と水溶性の違いは大きいので、同じような見た目だから効果も変わらないだろう〜と思って購入すると全然違ってびっくり!なんてことも。

しかし皆さんはもうこれを読んでいるのでポマードとグリースの違いに関してはばっちりかと思います!

これを読んで自分に合ったスタイリング剤を選んでもらえれば、更にヘアセットが楽しく、幅が広がるかと思います。

まとめ

今回油性ポマード、水溶性ポマード、グリースが出てきましたが如何でしたでしょうか。

やはり最近の流行りの傾向としては水溶性ポマードとグリースが主流みたいですね。

油性ポマードよりしっとりしているので扱いやすく、セットしやすいのと、ツヤ感を出すヘアセットが現在の流行のようですね。

昔は油性ポマードが主流だったようですが、今でも90年代をイメージしてあえて油性ポマードを使う方もいるみたいです。

マットなオールバックも、ツヤっぽいオールバックもカッコいいので迷ってしまいますね〜!

自分がしたいヘアスタイリングに合わせるのも良いのですが、セット力やTPOによって使い分ける為にも両方持っていると便利ですね!

今日はマット、明日はツヤ感!と決めると毎日スタイリングが楽しくなりそうです!

 

お知らせ!

3/31 23:59まで!

詳細はこちらをクリック!

 
   
            
  • この記事を書いた人
  • 最新記事
天パ神・高松

天パ神・高松

株式会社フロアスタンダード代表取締役。毛髪診断士の資格を2019年に取得。 青春時代にくせ毛を通り越したチリ毛だった為に、ついたあだ名は「スチールウール」。 部屋に陰毛が落ちていた事で、昔付き合っていた彼女に浮気を疑われた過去がある。 違う、それは高松の髪の毛だ。 ⇒YOUTOKYOの裏事情とかつぶやくよ!高松のツイッターはこちら

-ヘアケアアイテム

Copyright© YOU TOKYO OFFICIAL BLOG , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.