ヘアケアアイテム

【震えて眠れ】ワックスをつけたまま寝るのは厳禁!もしそのまま就寝してしまったら…。

更新日:

もしワックスを付けたままで寝てしまったら!?

もしヘアワックスを髪の毛に付けたまま就寝してしまった場合どうしたら良いのでしょうか?

ワックスを付けて寝てしまった時の対処法としては、まず洗うことが第一です。

きちんとしたワックスの落とし方としては、

1.洗う前にきちんとすすぐ

シャンプー前にできるだけお湯でワックスをすすぎ洗いします。

この時お湯は40度前後で少し高めにしておくと油分が取りやすくなります。

そうするとすすぎで汚れと油分が効率よく取ることが出来ます。

2.シャンプーをきちんと行う

シャンプー剤を髪の毛につける前にきちんと泡立てて使用します。

指の腹で優しく揉み込むように、頭皮を中心にマッサージしながら髪の毛を洗っていきます。

爪を立てて洗ったり、早く洗いたいと雑に洗ってしまうのは髪の毛にも頭皮にも良くありません。

ワックスをつけたまま寝るというNG行為をした後なので、普段より特に気にした方が良いでしょう。

3.シャンプーをした時間の2倍はすすぐ

すすぎはシャンプーの時間の2倍はやるときちんと泡が落ちます。

雑に洗い流してしまうと、ワックスの洗い残しやシャンプーの洗い残しの原因となってしまいます。

ワックスの汚れははシャンプーの時に浮いて、すすぎの時間に完全に落ちるのですすぎもしっかり行います。

洗い残しにより頭皮に雑菌が溜まってしまうと、その雑菌のせいで頭皮が荒れたり、抜け毛の原因となります。

4.しっかりドライヤーをする

洗い終わっても気を抜かず、しっかりドライヤーをしましょう。

髪の毛を濡らしたまま放置するのも雑菌繁栄の原因となってしまうので注意しましょう。

ドライヤーを効率よくやるためにはしっかりとしたタオルドライも重要です。

きちんとタオルドライで水分を取った後、ドライヤーでしっかり乾かしていきましょう。

もしもワックスをつけたままうっかり寝てしまったら、これの工程をきちんと行うことでワックスがしっかり取れると思います。

これでもワックスがあんまり取れてない...と思った人は

この工程をしてみても、なんかあまりワックスが取れてない気がする...と思った人は、

1つの秘密テクニックとしてコンディショナーまたはトリートメントをつけるのもオススメ。

コンディショナーやトリートメントには"乳化剤"と言うものが入っているのですが、この乳化剤は本来混ざらない成分を混ぜやすくするもの。

ワックスは油なのに水で一生懸命落とそうとしても難しく、洗剤を使っていても3分程度で素人の洗い方では限界がある場合があります。

そんな時はコンディショナーを頭に付けて、しばらくなじませたらヌルヌルが取れるまでよくお湯ですすぎます。

そしてもう一度シャンプーで洗ってみると、乳化剤のおかげで水と油が混ざりやすくなり、更に汚れを落とすお手伝いをしてくれるんです!

普段コンディショナーは髪の毛だけに付けるものですが、この場合は頭皮に付けて頭皮の油汚れも落としやすくしておくと良いでしょう。

 

翌日に頭皮や髪の毛を休めて上げるのも効果てきめん!

ヘアワックスをつけたまま寝てしまった翌日、頭皮や髪の毛を休めてあげるのも効果があります。

化粧などと同じように、スタイリング剤をつけずに休ませてあげると頭皮や髪の毛が休まって、ダメージの修復が早まります。

応急処置でシャンプーをしたとしても、髪の毛にダメージは必ず与えていますので、できれば翌日は頭皮と髪の毛を休ませてあげるのが良いでしょう。

日常でも、定期的に休ませてあげる日を設けてダメージ修復の期間を作ってあげると良いですね。

ワックスを付けたまま寝たらどう影響するの?

それではワックスを付けたまま寝てしまったらどういう影響が出てしまうのでしょうか?

ワックスの原料は主に油が多く、油分で出来た整髪料となっています。

油がついたままのフライパンを放置した時のように、油はしばらく経つと固まって白く浮いてきます。

そして白くなった時点で油は酸化しており、酸性になっているので髪の毛や人の体にはとても良くない状態になっているんですね。

更に酸化してくると細菌の数も増えており、かなり不潔な状態になってしまっています。

そしてそんなワックスを長時間つけ続けていると

  • 頭皮の炎症、頭皮ニキビや痒みの発生
  • 頭皮にワックスが付着
  • 毛穴にワックスが入り込む
  • 頭皮や髪の毛、毛穴が雑菌だらけで不衛生に
  • これらの原因による抜け毛

などが発生してしまいます。

基本的にワックスは頭皮や毛穴にはつけてはいけないものなのですが、酸化して変形しやすくなったワックスは頭皮や毛穴に入り込みがちです。

更に就寝してしまった場合は髪の毛を頭皮に押し付ける形になるので、更に入り込みやすくなってしまうんですね。

そして頭皮や毛穴が炎症を起こしてしまった結果、抜け毛に繋がる可能性が高まります。

一度の炎症でも脱毛してしまう前例はあるので、十分注意した方がいい行為となりますね。

更に枕や布団にワックスが付着します

ヘアワックスをつけたまま寝てしまうと、枕や布団にもワックスを付けることとなってしまいます。

そのままそのワックスを放置していると、せっかく毎日お風呂に入っているのに布団で寝ることでその日のワックスをまた毎日つけてしまうことになります。

そしてその雑菌がどんどん増えていき、ダニやノミがエサとして集まってきてしまい、お使いの枕と布団が細菌だらけのものになってしまいます...。

応急処置として髪の毛を綺麗にしたとしても、寝てしまった布団や枕を綺麗にするのも忘れないでくださいね!

ワックスをつけたまま寝るとハゲる?

「ワックスをつけたまま寝るとハゲそう」と思う人も多いと思います。

実際ワックスをつけたまま寝ても、直接的な脱毛症には繋がりません。

ただ、間接的にハゲや抜け毛、脱毛症に繋がってしまう可能性は高いので、夜ワックスをつけたまま寝ることが将来はげることの原因の一つになってしまう場合も。

間接的な原因としては、

  • 油分が毛穴に詰まってしまうこと
  • 必要な皮脂を落としてしまうこと
  • 全体的に頭皮環境を悪化させてしまうこと

などがハゲや抜け毛に繋がってしまうんですね。

皮脂は頭皮を守るためのコーティングという効果もあるのですが、ワックスはそんな皮脂も落としてしまいます。

なのでそんなワックスを長時間つけることにより皮脂が落ち続けてしまったり、ワックスの油が毛穴につまることにより髪の毛にダメージを与えてしまい髪の毛がやせ細ってしまったりも。

これらの要因が重なり、長期的になるとどんどん頭皮環境が悪くなり抜け毛や脱毛症を引き起こしてしまうんですね。

既に薄毛が始まっている人はそれが原因かも

既に薄毛に心当たりがある方は、スタイリング剤が影響している可能性も十分あります。

ワックスの付けすぎや落とし方も十分気をつけて過ごすと進行を抑えられるかもしれません。

セット中に頭皮にスタイリング剤をつけないようにしたり、使うワックスの量を抑えめにすると更に良いですね。

些細なことからハゲや薄毛が始まってしまうので注意してください...!

ワックスをつけたら必ず寝る前に落としましょう

とても酔って帰ってきたり、どれだけ疲れて帰ってきたとしてもスタイリングとしてヘアワックスをつけたら、必ず寝る前に落としましょう!

朝出勤前などにつけたとすると、24時間はワックスを付けっ放しにしてしまっていた計算になるのでかなりワックスの雑菌状態は最悪。

うっかりやりがちな昼寝なども同じです。お昼はワックスをつけていることが多いと思うので、うとうと眠くなって来てしまったら注意してくださいね!

また、寝る前に落としたからと言って洗い方がガサツだと結局上記と同じ状態になってしまいます。

今きちんと自分が髪の毛を洗えているのか、ヘアワックスをきちんと落とせているのかの再確認と、毎日のシャンプーのやり方も正しいやり方に変えることも大切です。

枕と布団のケアも大事です

きちんと毎日髪の毛を洗っていても、素人のシャンプーでは若干スタイリング剤が残ってしまう日ももちろんあります。

それに人間は寝ている間に汗をかいていたり皮脂が頭皮から出たりしているので、必ず枕と布団に汚れが溜まっています。

なので枕と布団も定期的に洗ったりケアしてあげると更に髪の毛に良いでしょう!

枕カバーと布団カバーは洗濯、枕は1週間に一度は洗濯かクリーニングに出して干すのが良いでしょう。

クリーニングは高いから避けたいけど自分の家の洗濯機じゃ枕を洗えない....と言う人は、枕を洗えるコインランドリーもあるので利用すると便利ですよ!

うっかりワックスをつけたまま寝てしまった!と言うことがなくても定期的に綺麗にしておくのがオススメです。

現在の頭皮環境の変化を日々確認しましょう

今までワックスをつけたまま寝てしまった覚えがある方や、自身の頭皮環境を把握していない方は是非ご自分の頭皮環境は定期的に確認しておきましょう。

痛みなどがないから問題ないと思っていても、頭皮の荒れや湿疹、髪の毛の乾燥やフケが見られる方も多いです。

確認の仕方としては自分で鏡を見ながら確認する方法もありますが、美容師さんや専門クリニックにて確認してもらうのが一番いいですね。

解決方法などもそこで教えてもらえるので、詳しい第三者に見てもらうことをオススメします!

まとめ

ヘアワックスをつけたまま夜寝てしまうことは十分頭皮や毛穴、髪の毛に悪い事だと言うことが分かりましたね。

そこから抜け毛やハゲなども引き起こす可能性があることも同時に分かりました。

髪の毛に雑菌や細菌が増えてしまうことも体調への悪化などに繋がったり、普通に気持ちが悪いので枕や布団へのケアも是非定期的に行ってみてくださいね。

抜け毛やハゲの原因を少なく、可能性を低くするためにも絶対にワックスをつけてそのまま寝ることはしないでくださいねー!

 

お知らせ!

3/31 23:59まで!

詳細はこちらをクリック!

 
   
            
  • この記事を書いた人
  • 最新記事
天パ神・高松

天パ神・高松

株式会社フロアスタンダード代表取締役。毛髪診断士の資格を2019年に取得。 青春時代にくせ毛を通り越したチリ毛だった為に、ついたあだ名は「スチールウール」。 部屋に陰毛が落ちていた事で、昔付き合っていた彼女に浮気を疑われた過去がある。 違う、それは高松の髪の毛だ。 ⇒YOUTOKYOの裏事情とかつぶやくよ!高松のツイッターはこちら

-ヘアケアアイテム

Copyright© YOU TOKYO OFFICIAL BLOG , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.