髪の基礎知識

【くせ毛が治った!】天パを剃る、坊主にするとストレートになるのは本当か?

更新日:

くせ毛を直したくて坊主にしてみたらくせ毛が治った、と言う都市伝説があります

どうもこんにちは!Aikaです。

皆さんはこんな都市伝説、噂をご存知でしょうか?

それはくせ毛の方が頭を刈って坊主にしたところ、くせ毛や天然パーマが治ったと言う話です。

確かに純粋に聞いてみるとちょっと「治りそうだな」とは思いますが、実際のところどうなのでしょうか?

坊主にするだけでくせ毛だった髪の毛がストレートになったらそれは手っ取り早くていい方法ですよね!?

また、逆に「坊主にしたらくせ毛になってしまった!」なんて噂もあるみたいです。

本当に坊主にしたら髪質が変わってしまうなんてことがあるのでしょうか?

実際に私が色々調査してみました!

結論から言うと、坊主にしても髪質は変わらない

どーんと結論から言わせて頂くと、坊主にしても髪質は変わらず、くせ毛になったり直毛になったりすることはないそうです。

やはり坊主にしてもただ髪の毛を短く切った(刈った)だけなので、その人の髪の毛の本質を変えることは難しいとのことです。

「でも坊主にしたら直毛になったって人がいた」

「坊主にした途端くせ毛になってしまったと言う人がいた」

なんて噂話が諸々あると思いますが、何故そんな噂が出るようになってしまったのでしょうか...?

そんな噂話や都市伝説が生まれてしまった原因とは

実は坊主にしたり髪型を変えたことは全く髪質に関係なく、成長過程による髪質の変化がたまたま髪型の変更時期と重なってしまった人が勘違いをしてしまったようです。

都市伝説や噂話で出てくる人には学生が多いのもそれが原因かと思われます。

また、その話のインパクトからどんどん口コミが広がっていって皆さん周知の都市伝説になってしまったようですね。

じゃあ実際、成長過程による髪質の変化はどのようにして行われているのか?どんな時に現れやすいのか?実態を調べてみました。

髪質の変化が起こりやすいのはホルモンバランスの変化が多い時期

髪質の変化が最も起こりやすいのは、ホルモンバランスの変化が多く波がある時だそうです。

0歳〜10歳の間は毛根や毛穴が安定しにくく、そのためメラニン色素も少なくて柔らかく透明感のある髪の毛なことが多いのですが、髪質の変化が現れるようになるのは主に成長期や思春期の時や、女性の妊娠中、更年期などの時期が当てはまるようです。

女性にも、妊娠・出産をしてから髪の毛がくるくるになってしまった!と言う声も多いようですね。

もちろん生まれつきくせ毛で生まれてしまう方もいらっしゃいますが、ホルモンバランスによって途中で髪質が変わってしまう方も多いんですね...。

でも逆に言えば、ホルモンバランスの乱れでくせ毛からストレートに変わる方もいらっしゃると言うことですね。

ホルモンは男性で言うと「テストステロン」と言うホルモンが大幅に分泌されており、女性の場合は「エストロゲン」と言うホルモンが大量に分泌されています。

もちろんこの「テストステロン」と「エストロゲン」は男女両方兼ね備えていますが、ホルモンの量の差は性別により全く変わります。

それぞれのホルモンでもちろん男性らしい特徴、女性らしい特徴を持っているのですが、女性が持っている「エストロゲン」が髪の毛の成長や発育、髪の美しさを保つための成分を多く持っています

と言うことは女性の方が髪の毛の成長や発育、髪の美しさを保ちやすいホルモンが多いと言うことですね...!

そしてこの成長期や思春期、女性の妊娠中、更年期の際などはホルモンバランスがかなり崩れやすいです。その際に「エストロゲン」の量が不安定になって髪質に変化が起きてしまうんですね。

成長期や思春期、女性の妊娠中、更年期以外は絶対に髪質は変わらないの?

かなり可能性は低くなりますが、もちろん成長期や思春期、女性の妊娠中、更年期以外も髪質が変わる恐れはあります。

  • 過大なるストレスを急に受けた時
  • 極端な寝不足を何日も続けた時
  • 暴飲暴食や過度なダイエットを長期間続けた場合

などのホルモンバランスに影響を与えるほどのストレスを身体に加えた場合、ホルモンバランスの崩れにより髪質が変わる恐れがあります。

また、40歳から60歳くらいまでの壮年期といわれる世代は頭皮の筋肉繊維が少しずつたるみ始めてしまい、おでこのしわ・目元のたるみなどが現れてきます。

そのように頭皮の筋肉繊維が弛むことにより、毛穴が楕円形に変形してしまいゆがみが発生し今までよりくせ毛が強くなり、まとまらない、うねる、パサつくといった症状が強くなる場合があります。

必ず大丈夫、と言うわけではないので気をつけてくださいね。

「エストロゲン」のホルモンバランスを整えるには

それじゃあ「エストロゲン」をバランスよく分泌できればいいんじゃないか!と思った方も多いと思いますが、実際どうすればいいの?と言うところを調べてみました!

男性目線で言うと、女性ホルモンの分泌をよくすることになるので色々お考えになってから試してみてくださいね。(笑)

  • 十分な睡眠を取る

実は女性ホルモンを分泌しやすくするのには睡眠が大きく関わっています。男性より女性の方が多く睡眠を取りたがる傾向があり、十分な睡眠をとることでホルモンバランスが安定するのです。

  • お風呂にゆっくり浸かる

お風呂にゆっくり浸かって身体中の血行をよくすることもホルモンバランスを安定させるには重要です。体が冷えやすいとエストロゲンが上手く身体中に回らないので注意してください。

  • ストレスを発散する

先ほどお話しした通り、ストレスを溜めやすい環境にいるのも問題です。学生は環境的にストレスになりやすいですが、更年期の方や妊娠中の方は精神的にもストレスの影響を受けやすいです。定期的にストレスを発散し、なるべく溜めないようにしておきましょう。

  • 体を適度に動かす

ストレスの発散にも繋がりとても効果的になるのが体を適度に動かすこと。気軽にできるストレッチからランニング、軽いスポーツもとても良いそうです!仕事でデスクワークだったり、同じ体制で仕事をすることが多い方は暮らしの中に軽い運動を取り入れてみてください。

  • 女性ホルモンを増やしやすい食べ物を食べる

有名なものだと大豆イソフラボンが入っているものや鉄分が豊富なものは女性ホルモンを増やしやすい食べ物です。実はイソフラボンはエストロゲンと似たような動きを体でしてくれます!手っ取り早くエストロゲンを摂取できる成分ですね。

  • 女性ホルモンを注射で投与する

もちろん、女性ホルモンを注射で投与することも可能です。ですが不自然にホルモンバランスを崩してしまうので吐き気や眠気、頭痛などの副作用もあり、更に投与で女性らしくなってしまった体はなかなか自然体には戻せません。ですのであまりオススメできる行為ではありませんがこういった手段もあります。

などなどたくさんの女性ホルモンの増やし方がありますが、やはり健康に一番いいのは自然に女性ホルモンを増やしていくことですね!

無理に女性ホルモンを増やそうとすると体の他の箇所に変化が出てしまったり、体調が悪くなってしまったりしては元も子もないですよね...。

むしろそれでストレスが溜まってしまったら髪質に変化が出てしまうかもしれません!!

長期的にはなりますが、しっかりゆっくりと対策をしていくのをオススメします。

実は恋愛もエストロゲンに関係がある

生活習慣と女性ホルモンの分泌をよくする食べ物などをご紹介しましたが、実は恋愛も女性ホルモンの分泌に関わって来るそうなんです!

恋愛をしている時って、相手の行動に一喜一憂したり、胸がドキドキしたり、幸せな気分になれたりしますよね。

そんな時、実は脳内ではドーパミンや、セロトニンというホルモンが分泌されています。

これらのホルモンが分泌され、脳内が幸せで満たされると、エストロゲンの分泌もいつもより活発になるそうなんです!

エストロゲンが分泌されると女性ホルモンの分泌が活発になるので、肌の調子が良くなったり、髪質がよくなったりするそうです。

よく「恋をすると女性は綺麗になる」と聞きますが、それは本当だったんですね...!

ただこの効果はもちろん女性だけと言うわけではありません!

男性もエストロゲンの分泌を活発にできれば、同じ効果が身体に現れます!もちろん頭皮や髪の毛、肌の質まで変わります。

恋愛もして髪質の変化の予防もできるなんてとってもいい情報ですね!

坊主にしたらくせ毛が治るは嘘でしたが、予防策はたくさんある

残念ながら坊主にしてくせ毛を直すことは医学的に証明されておりませんでした。

成長期や思春期中に坊主にしたのと、ホルモンバランスで髪質が変化したタイミングが被ってしまった事により、「髪質が変わった!」と勘違いしてしまったんですね。

確かにホルモンバランスの変化に自分で気づくことはかなり難しいので、髪質の変化に驚くのも無理はないですね...。

ましてやSNSが流行している今では、誤った情報が流れやすいです。よくよく調べてから実行に移すのが一番良い策だと言えますね!

坊主にする事により直接的に髪質が変わるんならとってもいい話ですが、そんなうまい話はやはりありませんでした...(笑)

まとめ

「くせ毛の人が坊主にしたらストレートになる!?」という噂、都市伝説は全くの嘘だったと言うことが分かりました。

ですが今回の調査でくせ毛を緩和させたり、今よりもっとくせ毛をこじらせてしまうことがないように予防をすることができることが分かりましたね!

まさか女性ホルモンを増やすことが予防策になるなんて、私も調査していてびっくりしました!(笑)

確かに私の周りでくせ毛に悩んでる方も、圧倒的に男性のが多いんですよね...。男性のが女性ホルモンの「エストロゲン」が少ないことがやはり関係しているみたいですね。

これからの髪質変化がご不安な方は、女性ホルモンを増やす生活習慣や食べ物、気軽にできると思うので是非試してみてください!

お知らせ!

2/28 23:59まで!

詳細はこちらをクリック!

 
   
            
  • この記事を書いた人
  • 最新記事
Aika

Aika

株式会社フロアスタンダード ライター 音楽と映画、ファッションが好きな24歳。 音楽は主にロックやパンク、映画はコテコテのアクション映画が好き。 ファッションは主にヴィヴィアンウエストウッドのファンで、将来の夢は”ブランド品を値段気にせず買いまくること”

-髪の基礎知識

Copyright© YOU TOKYO OFFICIAL BLOG , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.